通訳 翻訳 法人語学研修なら 株式会社エーアイ・コミュニケーション

Contact
エーアイ・コミュニケーション
通訳
通訳
語学研修
講師リレーインタビュー

講師リレーインタビュー Vol.7 浅尾文恵 講師

July 8, 2014

第7回目は、学校、企業、官公庁など様々な場所で長年英語を教えてこられた、浅尾文恵講師にご登場いただきます!

 

浅尾文恵 講師

こんにちは、浅尾文恵と申します。

私は、AI Communication では、プライベートレッスンをスカイプ、面接授業を通してお仕事をさせていただいています。今回このブログでは、テーマは何でもOKということでしたの で、日ごろ私が担当しているクラスの受講生の方からよく質問されることを簡単に書いていきたいと思います。

 

1)現在の仕事は?

英語関係の学校、官公庁、企業、大学あるいは大学の社会人向けクラス、そしてAI Communication です。

 

2)どんな所で英語を教えているの?

AI Communication プライベートレッスン
N会話学院 シャドーイング、英検1級、文法・多読クラス・フランス語
Sアカデミー TOEIC900、文法・リーディングクラスなど
F女学院大学 オープンカレッジ シャドーイング、英検1級、TOEIC960突破
その他、大学でTOEIC 900、官公庁で語学研修、通訳過程で翻訳読解、企業TOEICなど

 

3)どうやって仕事をやり始めたの?

AI Communication でお仕事をさせていただいたきっかけは、四谷にあるN会話学院という学校でフランス語のレッスンにいらしていた受講生の方のご紹介でした。彼女は、通訳ガイド(英語)のお仕事をなさっているとても理知的な方です。
N会話学院は、英語教育で有名な学校ですが、教養を高め、グローバルな人材を育てるためのコースの中に、英語プラス1外国語の必要性を考えフランス語のク ラスがあります。現在は、フランス語以外に英語のクラスも教えています。シャドーイングクラス、英検1級クラス、その他多読クラスなどです。とても熱心な 受講生の方が学んでいます。
N会話学院には、以前短い期間でしたが、T塾大学の津田塾会という英語専門学校でお仕事をしたことをきっかけに、お仕事をすることになり、また、そこで出 会った素晴らしい翻訳家であり、Sアカデミーの講師に紹介され、Sアカデミーで教えることになりました。サイマルは、通訳養成学校として有名な学校です。 そこでは、TOEICクラス、文法・読解のクラスなどを担当しています。このように、お仕事をきっかけにいろいろなお仕事をさせてもらうことになりまし た。
また、官公庁の語学研修、企業における英語研修、大学におけるグローバリゼーションプロジェクトの一環として、TOEIC900の授業、またF女学院大学の生涯学習での、TOEIC960点クラス、英検1級クラス、シャドーイングクラスなどを行っています。

社会人を教え始めたのは、官庁のフランス語研修でした。新人研修+英語・フランス語研修でした。とても熱心な受講生の方々でした、語学を教えて楽しく思いました。そのお仕事がきっかけになり、お仕事の連鎖という感じで今に至るようです。

 

4)いつから語学講師になったの?

大学生のときから、家庭教師などを通して大学受験生の指導をしていました。大学生活が長かったので、その後、長く受験生を教えて、そのまま社会人への語学研修をしてから、現在に至ります。

 

5)サイトトランスレーションやシャドーイングはいつから教えているの?

受験生を教えていたときからです。その時は、東大、慶応、ICUなど多くの合格者を出していましたが、一貫して、生徒に対する教え方は、サイトトランス レーション、シャドーイングでした。それは、通訳訓練法で用いる方法でしたが、学習者に対応できるように、いくつかルールを作り指導しました。大事なこと は、英文を正しく情報処理をする力を養うことでした。また、東大、ICUなど、またセンター試験でのリスニング試験に対応するべく、シャドーイングを指導 することにより、リスニング試験が満点という結果も得らました。その経験で、サイトトランスレーション、シャドーイングは私の語学指導の中心になりまし た。その指導法をその後の担当クラスで用いました。最近は、英語学校でも、通訳訓練法を用いた英語学習法が人気になり、一般化しています。受験生の学習書 もサイトトランスレーション・シャドーイングで長文読解など沢山の本が出版されています。それは、その方法が効果的だからということだと思います。

最後に、いろいろとめどもなくお話してきましたが、また機会があれば、英語学習のことについてお話できればと思います。

みなさん、ご自分の目標に向かって頑張ってください。

 

講師プロフィール

オペラやオラトリオなどが好きだったことから、千葉大学教育学部英語科在学中ドイツ語を、フランス語は、日仏学院やアテネフランセでダブルスクールをして学ぶ。卒業後、東京大学教養学部の研究生として、古典ギリシャ語、ラテン語を学び、現在に至る。

 

 

 

 

 

 

Please reload

ブログバックナンバー

Copyright © 2014 AI Communication Inc. All Rights Reserved