通訳 翻訳 法人語学研修なら 株式会社エーアイ・コミュニケーション

Contact
エーアイ・コミュニケーション
通訳
通訳
語学研修
講師リレーインタビュー

生きたビジネス英語解説講座 Vol.30

April 4, 2014

お久しぶりです!純国産同時通訳者の小熊弥生です。

だいぶ時間が空いてしまい申し訳有りませんでした。

いつもブログを読んでくださり感謝しております。

 

 

前回はYou are in good handsという慣用句を学びました。

 

さて今回もビジネスの場面、特に面接で使える表現を学びましょう。

 

良く日本人が使う形容詞で、和英辞書を見てもいまいち合わない時があるのが次の2つです。

 

 

私は素直です。

 

私は行動力があります。

 

 

それぞれ辞書で書いてある言葉は、

素直:obedient

行動力:energetic、ability to take action

 

 

もしこれを使ってしまうと、残念ながら面接官と自分の気持ちに乖離が生まれてしまいます。

 

 

私は素直です。obedientでは、従順で人のいいなりになる人の ニュアンスが強くなってしまうので、open mindedとしましょう。心開いているので、何かに固執せずにいろんな選択肢から最適な者を選ぶそういうポジティブな自分の伝えたいニュアンスが伝わります。

 

 

行動力はenergeticだけですとエネルギッシュなだけで行動をとれる人のニュアンスが伝わ らず、ability to take actionですと、日本語にあるような「僕に任せてくれれば計画倒れになりません。」というニュアンスが消えてしまいます。ですので、I am a go getter.(何でも物事を実現する人)あるいはI walk the talk.(有言実行します。)を使うとより自分の日本語で伝えたいニュアンスが伝わります。

 

 

と、ちょっとした表現ですが、ちゃんと自分の強みを伝えたいですよね。

辞書も少しずつ改善されていますが、やっぱり生きた英語を映画や小説やインターネットから吸収する必要はありますね。

 

 

第30回目はここまでです。読んでくださってありがとうございました。

 

次回もビジネスにすぐ役立つ表現を説明していきます。どうぞお楽しみに。

 

 

 

(文責:小熊弥生)

 

小熊弥生プロフィール

同時通訳者、バイリンガルMC、英語セミナー講師。

1971年生。1991年実践女子短期大学国文科卒業、2004年早稲田大学社会科学部卒業。

短大卒業後、英検4級、TOEIC280点と“平均以下”からスタートし、通訳者を目指す。

半年後にTOEIC805点を取得して大手英会話学校講師に。

その後、TOEIC950点、英検1級、通訳検定2級を取得し、短大卒業から3年半で通訳者デビューを果たす。

 

現在はフリーの同時通訳者として、主にビジネスシーンを中心に活躍。数々のイベントでも通訳をつとめる。

自身の経験をベースにした「英語モチベーションアップセミナー」では一人ひとりの目的に合った効果的な学習プログラム作りを指南。

2010年7月からは『世界衝撃映像社』(フジテレビ)へのレギュラー出演を果たす。

著書:『TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール』(幻冬舎)、

『英語がおもしろくてとまらなくなる感動のマスターマップ勉強法』(中経出版)

Please reload

ブログバックナンバー

Copyright © 2014 AI Communication Inc. All Rights Reserved